薬局の知らなかった情報を公開

薬局って何だ?

みなさんもよく知っている薬局ですが、2つ種類があることをご存知でしょうか?
薬局=ドラックストアと考える人、または薬局=調剤薬局と考える人の2つの受け取り方があると思います。実はこの2つは間違っているわけではなく、両方とも正解なのです。

 

このドラックストアという表現がもっとも浸透している理由としては、メディアの影響があると考えることが出来ます。基本的に有名なドラックストアのコマーシャルなどを見て、薬局=ドラックストアと認識しているのです。

 

ドラックストアと調剤薬局の呼び方の違いについては、一番判り易い違いとして、薬の調剤を行うことが出来る施設が備わっているのか?という点です。

 

原則として薬局を営む場合には、必ず薬剤師が常駐しなくてはなりません。これは薬を取り扱う者がいないと、医薬品などの販売をすることが出来ないと法律上で規定されているからです。
そのため、もしも薬局に薬剤師がいない場合には、薬の販売は行うことが出来ません。
また、ドラックストアと調剤薬局の違いである、調剤をする場所がドラックストアにも備え付けられており、病院で受け取った処方箋を取り扱っていた場合には、名目上はドラックストアと言っていても、調剤を行い、薬の販売を行うことが出来るのです。

薬局に勤める

薬局に勤めるには、町のドラックストアではアルバイトや大手のドラックストアでは社員の募集をしているので、比較的多くの働き口を見つけることが出来ると思います。
しかし、一方で働き口として薬剤師の存在が問題となります。

 

ドラックストア、調剤薬局では必ず薬剤師がいないと薬の販売、取り扱いが出来ないことから、薬剤師は引く手あまたであると考えることも出来ます。
しかし、一方で、薬剤師も医療従事者であるので、現在の医療業界で行っている問題の影響も受けています。
その問題というのが、地方と都市部での医療関係者、医療従事者の偏りです。
ニュースなどでも地方と都市部では医者や看護師といった人たちの偏りが起っていることを耳にしますが、これは薬局の薬剤師も同じです。
今後、こういった医療従事者、医療関係の問題はさらに深刻化していくのではないかと懸念もあり、町の薬局についてももっと詳しく知っておく必要があると思います。